出店.biz

インタビュー(記事・コラム)

しゃれとんしゃー-天文館かごしま横丁

シェアリングキッチンの仲間と共に、鹿児島を盛り上げる!

天文館かごしま横丁“しゃれとんしゃー”の店長、小倉咲希さん。シェアリングキッチンに出店する決意をされた理由、そして現在の心境などをインタビューさせていただきました。


簡単に自己紹介をお願いします

小倉さん:

天文館かごしま横丁、しゃれとんしゃー店長の小倉咲希です。



アスラボのシェアリングキッチンに出店した理由を教えてください。

小倉さん:

豚肉料理を通じて鹿児島の様々な“食の魅力”を発信していきたいと思い、応募しました。鹿児島には食材や料理、食文化など、多くの魅力が詰まっております。アスラボのシェアリングキッチンでは地域の食の魅力を発信していけると思い、応募しました。



素敵な動機ですね!鹿児島の魅力を発信するために、今後アスラボの横丁でやっていきたいことはありますか?

小倉さん:

地域密着のイベントをしていきたいです。鹿児島の生産者の方や高校生など、地元のいろいろな方と連携して魅力を発信していきたいと思います!やりたいことに挑戦できることがアスラボのシェアリングキッチンの特徴でもありますので、その強みを活かして挑戦していければ嬉しいです。
地元の方々、一緒に鹿児島を盛り上げていきましょう!



いろいろな挑戦ができるといいですね。アスラボのシェアリングキッチンに応募したいと思っている方に何か一言お願いします!

小倉さん:

個人開業では味わえない経験がたくさんできます。シェアリングキッチン全体で運営の方や同じ立場の店舗オーナー仲間と一緒に、一体となって営業運営して作り上げていきます。個人開業や起業が未経験の方でも挑戦しやすいと思います。

シェアリングキッチンの施設内には8店舗が運営しており、店舗オーナーや料理人など様々な立場の方がいらっしゃいます。各々の疑問をお互いに気軽に相談やアドバイスがし合える環境は大きなメリットだと思います。路面店では中々出来ないことかなと。立場や目線が異なると大きく意見も異なることもあり、みんなで協力し合いながら1つの空間を作っていくことは大変ですが、とても刺激になることが多いです!ぜひシェアリングキッチンの出店を検討してみてください!



編集者のコメント
シェアリングキッチンの施設内の方々と協力しながら、イベントなどの新しい取り組み挑戦したいという熱い想いが感じられました!やりたいことに挑戦できることもアスラボのシェアリングキッチンの大きな魅力のようです。
小倉さんは鹿児島の魅力発信という大きなテーマを掲げておられました。これからの挑戦が楽しみです!
また、シェアリングキッチンの運営側や店舗オーナー、料理人の連携についてもお話がありましたが、仲間と一緒に地域を盛り上げる雰囲気も大きな魅力ですね。

天文館かごしま横丁WEBサイト-店舗情報

資料請求 & 出店情報

資料請求 & 出店情報

アスラボのシェアリングキッチンと
その募集について

説明会資料をダウンロードいただけます。

SNSで出店情報を配信します!

  • 新エリアでのシェアリングキッチンの開店情報
  • 出店者やスタッフの求人募集
  • 説明会の開催情報
  • 出店者の情報