出店.biz

記事・コラム

「増税直後の今!」飲食店経営者が知ること、やること。

こんにちは!10月に入り、消費税率が10%に引き上げられましたね。それと同時に、一部の対象品目の税率を軽減する「軽減税率」も導入されました。これによって消費税率が10%の商品と8%の商品が並ぶことになり、売り手も買い手も初めのころは混乱してしまいそう。特に飲食店を経営する方は要注意です!

そしてこの軽減税率、いつまで続くかは明言されていません。なので今のうちにしっかり理解しておく必要がありそうです。もうバッチリ!という人も、もう一度おさらいしておきましょう。


軽減税率対象商品は?

  1. 酒類と外食を除く飲料・食料品
  2. 週2回以上発行し、定期購読されている新聞

が軽減税率の対象、消費税率8%です。
特に注意したいのは①! 対象外となる「外食」の定義を抑えましょう。

内閣府のHPで、外食は
(1) テーブル、椅子、カウンター等の飲食に用いられる設備のある場所で行う、
(2) 飲食料品を飲食させるサービス
とあります。つまり店内飲食は消費税率10%、テイクアウトは8%となります。

※出典元 国税庁「よくわかる消費税軽減税率制度

ちなみに、、
出前、デリバリーはテイクアウト扱い8%
屋台やキッチンカーでの販売はテイクアウト扱い8%
ラーメン博やオクトーバーフェスなど、専用のテーブルや椅子が設置されている場合は外食扱いで10%
イベントなどに出店する際は確認してみてください!


注意するべきポイントはどこ?その対策は?

1. 価格のバラつき

店内飲食は消費税率10%、テイクアウトは8%。そのためどちらもやっている店舗は要注意!同じ商品でも、形態によってお客様から頂く金額が異なります。これから入る従業員の方、利用されるお客様が混乱しないようにしましょう。

対策!

  • まずはお店側の態勢を整えましょう!マニュアルを作り、レジの打ち方や価格が変わる場合についての教育を!
  • メニューを店内用、テイクアウト用に分けるなどして、お客様にわかりやすい工夫を!

また、令和3年3月31日から価格表示を消費税含む総額表示にすることが義務付けられます。税抜表示をされている方は、これを機に総額表示に揃えてはどうでしょうか?



2. 価格設定

店内飲食よりテイクアウトの方が安価なため、お客様からしたら店内飲食が割高に感じるかもしれません。各飲食チェーンも価格設定については対応が分かれています。主な対応は以下の二つです。

  1. 店内・テイクアウトそれぞれの税率を適用する
    モスバーガー、吉野家などは店内とテイクアウトで総額が異なります。

  2. 店内・テイクアウトで価格を統一するため、店内での本体価格を下げる
    ケンタッキーフライドチキン、松屋、すき家などは価格を統一。そのため店内の本体価格を下げ、増税分の2%を実質自社負担します。そのため一部商品を値上げするなどしてバランスを取る会社も多いです。

価格統一のためテイクアウトの本体価格を上げるという方法もありますが、弁当などで安価に済ませたい人にとって値上げとなってしまい、客離れが起きるかもしれません。価格設定は慎重に行いましょう

対策!

  • 本体価格そのままにする場合はわかりやすい表示を!
  • 価格統一する場合は収支のバランスやお客様の様子を見て慎重に!


3. テイクアウト店に負けないように!

お客様からしたら、店内飲食は値上がり、テイクアウトは値段そのまま、という状況です。このままではテイクアウト中心のお店にお客様を取られてしまうかも。この状況を逆手にとって、お弁当を販売してみたり、お弁当の数を増やしてみてもいいかもしれません。また、店内飲食の場合のみのサービスを行ってみたり、クーポンを配布するなどでお店自体の魅力を上げていきましょう。既存のお客様の流出を避け、さらなる集客UPを目指しましょう!

アスラボが運営する横丁でも飲み放題延長お会計割引き料理増量などの増税対策サービスを行っています!ぜひ参考にしてみてください。※横丁によりキャンペーン内容は異なります。



対策!

  • テイクアウトをやってみる/比率を上げてみる!
  • 割引や増量サービスでお得感を出す!
  • 次回使えるクーポン配布でリピート率を上げる!


キャッシュレス・ポイント還元制度とは?



軽減税率と同じく話題になっているキャッシュレスとポイント還元。加盟店登録はお済みでしょうか?加盟店として登録すると、お客様がキャッシュレス支払い(クレジットカードや電子マネー支払い)をした際に、ご利用金額の2%~5%分のポイントが決済事業者から還元されるという制度です。増税緩和とキャッシュレス普及を目指して、2020年6月末まで政府主導で行われています。

ポイントが還元されるとなるとお客様が来店するインセンティブにもなりますしキャッシュレス決済で会計も楽になるので利用しない手はありません!2020年4月まで受付しているので早めに加盟店登録を済ませましょう!キャッシュレス・消費者還元事業制度ホームページから登録手続きが行えます。

まとめ
飲食店にとって、とても厄介な軽減税率。増税も相まって苦しいかと思いますが、飲食店ならどこでも状況は同じです。ご近所のお店や、有名店の対策などを参考にするのもアリですね。しっかりと理解して対策すれば大丈夫です!

募集一覧へ
Categories:
出店者横丁マネージャー経営術

資料請求&出店情報、説明会情報

資料請求&出店情報、説明会情報
アスラボ のシェアリングキッチンと
その募集について
SNSで出店情報を配信します!
  • 新エリアでのシェアリングキッチンの開店情報
  • 出店者やスタッフの求人募集
  • 説明会の開催情報
  • 出店者の情報