出店.biz

記事・コラム

たの上 - おおいた元気横丁

独立したい!ずっと夢見ていたときに出会えたのがアスラボ横丁。横丁の他店舗のみんなと毎日学園祭のような日々を送っています。

1. 簡単にご自身の自己紹介お願いいたします。
大分げんき横丁内”割烹バルたの上”の「田上」です。31歳、宮崎県出身です。

2. なぜアスラボの横丁への出店に応募されたのですか?
出店コストが抑えられたことと、いろんなお店が集まった横丁の一店舗として通常とは違う出店形態に魅力を感じたからです。昔から自分の店舗を持ちたいという夢が今回の出店で叶いました。
資金面で余裕があったわけでもないので、個人での開業であれば、恐らくあと5〜6年はかかったと思います。

3. 実際にアスラボの横丁に出店してみて、どうでしたか?
まず、自分の店を持つという独立ができたことが良かった点です。

横丁という一つの場を年代、経歴も違う人たちと一緒に盛り上げていくという学園祭にも似たワクワク感を感じながら日々過ごせること。個店の問題で悩んでいるときは、他の料理人に気軽に相談できることもメリットの一つです。

また、横丁の強みがみんなで決めるというところです。全員の意見が一致しない時は、意思決定にスピード感が欠けるかもしれませんが、それをカバーするために徹底した話し合いとみんながしっかりと自分の意見を発言するように心がけています。

4. 他の出店している料理人、マネージャーとのコミュニケーションはどうとっていますか?
みんなが作った試作料理を食べて、みんなで意見を出し合ったりしています。実際によく売れるようになった商品もいくつもあります。
私の場合は、オフの時に会うことはほとんどありませんが、新年会や忘年会などのイベント時だったり、オープン前の準備中にみんなとしっかりコミュニケ―ションをとっています。

5. 田上さんの横丁での成功の秘訣はなんですか?(メニュー構成や接客など)
わかりやすいメニューを作ることですね。自分が出したい料理だけでなく、お客様が何を求めているかを考え、分析し、常にお客様目線を意識することだと思います。

6. 田上さんのこだわりの一品はなんですか?どんなメニューですか?
牛ロース天ぷら。外は衣でサクサクと、肉はレアに大葉で包んでさっぱりと。わさびがよく合います。

7. 今後アスラボの横丁でやっていきたいことはありますか?
楽しいイベントをどんどんしていきたいです。通常の飲食店ではできないことも8店舗揃えば実現できると思っています。

8. 将来のご自身の目標・夢について教えてください。
横丁を世界に広めることが目標です。最終的には海外に出店するのが夢です。

9. アスラボの横丁への出店や、飲食店起業を検討している方へ何か一言。
飲食店で独立を目指すのならば、まずは行動を起こしてみてください。何をするにもリスクはつきものですが、アスラボの横丁は、横丁の仲間、アスラボのスタッフがいろいろな面でサポートしてくれて、必ず乗り切れると思います。
チャンスは転がっていますが、ほとんどの人は手を伸ばさず眺めている方が多いです。人生を変えるのは、ほんの少しの覚悟だけ。ぜひチャレンジしみてください!


たの上

プロフィール

店長: 田上 慶明
大学進学後、飲食店でアルバイトをしているうちに料理の魅力にとりつかれ、料理人になると決意し大学中退。居酒屋、ホテルの和食、大分の日本料理店へ。別府で寿司や食材の基礎をながら独立の準備をしていたときに横丁に応募。現在に至る。

おおいた元気横丁ウェブサイト - 店舗情報(たの上)

募集一覧へおおいた元気横丁ページへ
Categories:
出店者