出店.biz

記事・コラム

エガヲニナル(阿波横丁)

1. 簡単にご自身の自己紹介お願いいたします
徳島阿波横丁内のエガヲニナルの店主「北岡」です。今年で47歳です。18歳の頃から飲食業に携わっております。横丁で出店する前は近くでレストランを経営していました。

2. アスラボの横丁への出店に応募した背景は?
お店の移転を考えているところでした。アスラボの横丁は、料理人の起業を支援する点と地産地消を掲げている点に共感し応募いたしました。

3. 実際にアスラボの横丁に出店してみて、どうか?
この歳になって色んな発見があり、毎日ハッピーです。通常の個店に比べ料理に集中できる環境も良い点です。また、私以外は、初めて起業するという方も多くいので、優しく見守っています。
データを活用した商品戦略、マーケティングの部分は今までやろうと思っていてもなかなかできていなかった部分ができたことは良い経験になっています。

ただ、個性の強い6人の料理人が集結しているので、横丁全体で何かを決める時にまとまりが悪く、時間がかかる時もあります。
また、限られた厨房の広さ、設備でメニューを作らなければいけない部分もあり、作ることを諦めたメニューもあります。

4. 他の出店している料理人の方、店長とのコミュニケーションはどうか?
私が横丁内では年長者で、経験も豊富もある方なので、今までの知識や経験は共有しています。
家族がいることもあり、オフの日は家族との時間にあてています。ただ、営業開始前などは、年齢関係なくプライベートな話もしたりしてコミュニケーションをとっています。

5. 横丁での成功の秘訣は(メニュー構成や接客など)
お客様が必要としている商品をどれだけスピードを持って具体化できるに尽きると思います。そのために売上データやPOSレジを活用して、会話や接客も心がけるようにしています。

6. こだわりの一品は。そのメニューの特徴は?
とこ丸さんの釜揚げシラスとスダチのピッツァです。エビ、カニなど徳島の海の幸を熱々のピザ生地にのせてご提供しています。

7. 今後アスラボの横丁でやっていきたいこと
横丁をよりよくしていくための、横丁全体のマネジメントや、飲食店に挑戦者したいと考えている方のプロデュースなども面白そうだなと考えています。

8. 将来のご自身の目標・夢について教えてください
熊本県の南阿蘇に奥さんの実家があるので、ゆくゆくはペンション経営など挑戦してみたいですね。

9. アスラボの横丁への出店を検討している方へ何か一言
お店を出すのであれば、しっかりとした目標を持った上でやることが大切です。ただお店をやりたいという意識だと難しいかもしれません。幸運を祈っています。


エガヲニナル

プロフィール

店主: 北岡 竜也
ホテルの副料理長やレストランの料理長を経験後、飲食店の立ち上げ事業を経て35歳の時に独立。元々は完全予約のコース料理主体のイタリア料理を手掛けてきたがもっと身近にイタリア料理を食べて欲しい思いで横丁に出店。

募集一覧へ阿波横丁ページへ
Categories:
出店者