出店.biz

記事・コラム

Tarumi’s(天文館かごしま横丁)

1.簡単にご自身の自己紹介お願いいたします。
天文館かごしま横丁内のtarumi’sの店主「追立 大地」です。天文館かごしま横丁の組合長も担当しております。

2.アスラボの横丁への出店に応募した背景は?
出店コストが安い、損益分岐点が通常の飲食店と比べても低いというのが一番の魅力でした。個人での開業では、集客力にあまり自信がなく、居酒屋業態は他店との競争も激しいので、見送っていました。
また、アスラボの横丁は、鹿児島にはない新しい業態の飲食店で、地域の食材を使っておもてなしができ、個店には実現できない魅力があり、出店させていただきました。

3.実際にアスラボの横丁に出店してみて、どうか?
天文館かごしま横丁は、8店舗のお店で横丁を運営しており、横丁内でのディスカッションの際には、他のお店の料理人、横丁スタッフの自分とは異なる視点や考え方に触れられるので、日々刺激を受けながら店舗運営ができています。
自分の苦手分野については、他の店舗の方に協力をお願いできるのも助かっています。

また、横丁での日々の販売データを活用して、商品構成を見直したりできる点は、今までに体験したことのない新しい体験です。
自分の作りたいものだけを作るという考えだけでなく、横丁に料理を食べに来るお客様向けの料理構成、価格設定を考えないといけない点は苦労しました。

4.出店している他の料理人の方、横丁の店長とのコミュニケーションはどうか?
私は、横丁内では、飲食経験が長いので、初めて独立する方には、一緒にメニューを考えてあげたりなど、アドバイスをするように心がけています。 あとは月に1度スタッフとのミーティングをしてアルバイトスタッフの意見も吸い上げています。
また、オフの時は、横丁のスタッフや店長も含めて、カラオケに行って悩みを聞いてあげたり、営業前は仕事以外のプライベートな話もしたりしています。

5.横丁での成功の秘訣は(メニュー構成や接客など)
まだ成功というには早いかもしれませんが、手間暇かけてご提供するメニューはお客様も料理から感じ取られるのか、注文が多いです。ビジュアル的にイメージしやすい料理も良く注文される傾向があると思います。
また、自店の商品を売り込むのはもちろんですが、他のお店の商品をお勧めしたり、カウンター越しのお客さまには話しかけるように意識はしています。年齢層や雰囲気を見極めて、その方にあった話題を振るなどいろいろ考えながら話しますね。

6.こだわりの一品は。そのメニューの特徴は?
肉寿司です。鹿児島県内産の黒毛和牛を使用した究極の肉寿司です。手作りのにんにく醤油を塗ってお出ししています。

7.今後アスラボの横丁でやっていきたいこと。野望や展望、横丁だからこそやってみいこと
天文館かごしま横丁を他の横丁のお手本となるような横丁にしていきたいです。 あとは、今後東京に横丁ができた際には出店してみたいです。

8.将来のご自身の目標・夢について教えてください
充分なお金を稼いで民宿の運営をしたいです。あとは以前、大工の経験もあったので古民家再生にも興味があります。

9.アスラボの横丁への出店を検討している方へ何か一言
横丁という一つの店舗で他の料理人の方と協力し合いながら、売上向上に努められるというのは、最高の環境だと思います。


Tarumi’s

プロフィール

店主: 追立 大地
高校卒業後、大工になるも、飲食の魅力に惹かれ板前を目指す。大阪の老舗の天ぷら屋で修行後に帰鹿。垂水の食材を中心とした株式会社宮田商店の共同代表となり横丁に応募、店主となる。

募集一覧へ天文館かごしま横丁ページへ
Categories:
出店者